読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Planet Table Days

PT公式ブログ

『テクノロジーがもたらす食事の進化』ワークショップに参加してきました!

広報ルーム

こんにちは!

PRあべです。

今月の頭に、『2040年新たな感動との遭遇「テクノロジーがもたらす食事の進化」フューチャーセッションワークショップ』というイベントに参加してきました!場所は品川のソニー本社。

 

実は代表の菊池が、このイベントのゲストスピーカーとして招待を受けまして、クリエイティブ・ディレクター近藤と、わたくしPRあべも一緒に見学、ついでにワークショップにも参加させてもらいました。

f:id:planet_table:20160923161316j:plain

ソニーの新規事業創出部主催の社内&社外の方を対象としたワークショップ。約100名の参加者が4〜5人ぐらいのグループに分かれ、「2040年、テクノロジーは我々の食事のシーンにどのような変化をもたらすのか?」というテーマで、約3時間みっちり様々なアングルからブレーンストーミングをし、最終的に事業アイデアや実際の食体験のプロトタイプまで落とし込みます。

 

弊社は今回初めて参加させてもらいましたが、実は同じテーマで今回が2回目のセッションだそうです。前回開催されたセッション#1で9つにまとめた「2040年に起こっていそうな未来の食の体験」をベースに、その9つの食体験をさらに深堀りしていくのが今回のセッション。

 

ソニーでは新規事業のオーディションも行われているので、セッションが進んでいくと実現に向けてチャレンジするプロジェクト発足!という事もあるんだとか。社員一人一人の新しいアイデアのタネを大切にして、大きなイノベーションまで育てていくというソニーさんの企業文化を感じました。

 

参加者はほとんどソニーの社員さんなのかな?と思いきや、社外からの参加者がたくさんいることにびっくり。私のチームは、約半分が社外からの参加で、有名なグローバル食品メーカーさんや国内大手化学メーカーさんなど。普段からこういう時間の使い方をされているんだと思うと、良い刺激になります。

 

f:id:planet_table:20160923161255j:plain

セッションが始まり、9つの「未来の食の体験」から、一番自分が興味があるひとつを選び、その選択によってチームが分かれます。

 

近藤は、「家庭内で食料を循環再生産するゴミゼロ食卓」という体験のチームに。実は近藤は「サルベージパーティ」(冷蔵庫の中で余ってしまった食材を皆で持ち寄り、シェフと一緒に美味しい料理に変身させる!という新しい食のスタイルを提案しているイベント)に携わっているメンバーの一人。納得の選択です。

f:id:planet_table:20160923161408j:plain

一方菊池は、「交換で仲良くなる、一緒に食べる、ご近所分業の食材シェア」。プラネットっぽさが感じられる選択です。

f:id:planet_table:20160923161429j:plain

そんな中、私が選んだのは、「リモート家族団らんから、至福のおひとりさまタイムまで楽しめるバーチャル食卓」。

このテクノロジーがあれば、単身赴任中の家族でも、みんな揃ってご飯が食べられたり、今後増えるであろう単身世帯の「孤食」を避けられたり、時空を超えて一緒に食べる人やシーンを選べるんです。ぜひ実現してほしい!

f:id:planet_table:20160923161449j:plain

他にも、「全自動お料理ロボット」「栄養を全て補えるスーパーフードの登場」「お皿の上の料理の栄養価を自動スキャンで可視化」「アレルギーを改善するバイオテクノロジー」などに関する体験がありました。

 

1時間半たっぷりディスカッションをしたところで、アジェンダは「インスピレーショントーク」へ。菊池含むゲストスピーカーの方々のプレゼンを聞きました。

今回は「テクノロジー」がキーワードということで、弊社SENDの「食材需要予測」の仕組みや、先日発表したスカイディスクさんとの提携(「物流可視化センサ」を使用し物流過程における位置情報、温度・湿度、衝撃等を記録・可視化するサービス)についてお話しました。実は菊池が外部のイベントでスピーチをしているのを見るのが初めてだったので、登壇しない私が勝手に緊張していました…

f:id:planet_table:20160923161524j:plain

他にも農研機構や東京大学の先生、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの方も登壇されておりました。

東京大学の研究で、VRによって、目に見えるクッキーの大きさを操作し、サイズを変えたときに満腹と感じるまでの枚数も変化するという研究をされている方がいて。クッキーが大きく見えるときは、7枚で満腹と感じるのに対して、クッキーが小さくみえる時は13枚食べられる、というような。(正確な枚数は失念してしまいました…)

栄養価が高いものを小さくして無意識的により多く食べてもらう(またはその逆)、みたいな応用のされ方をするらしいのですが、今では色々なところで目にするようになったVRの新しい使い道を知り、ワクワクしました。

もっとたくさん聞きたかった…

 

ワークショップ最後に参加者全員で記念撮影!

f:id:planet_table:20160923161542j:plain

ワークショップ終了後には、ソニー本社内にある3Dプリンタなどの工作機器を使って作業もできる「Creative Lounge」という共創スペースに移動し、懇親会に参加させて頂きました。脳みそをたくさん動かした後のビールは格別ですね!

f:id:planet_table:20160923161556j:plain

 

弊社は「ITベンチャー」「フードxテック」の会社と言われたりするのですが、四六時中IT専門用語が飛び交っているわけではなく、(むしろ「このズッキーニすっごく新鮮。水分が溢れ出してる!みんなコレ見て!」みたいな会話をよく聞きます)、今回のような未来のテクノロジーの革新にフォーカスを当てたワークショップはとても新鮮で自由で面白く、いつもと違う脳みそを訓練できた気がします。「農業・生産者支援」の会社である我々ですが、サービスに関わっている農家の方やシェフの方のライフスタイル、価値観も今後どんどん変わっていきます。そういった未来に起こるであろう変化にきちんと寄り添い、共感して頂けるサービスを提供していきたいと思います。

 

ソニーさん、素晴らしいワークショップの機会をいただき、ありがとうございました!

 

ではこのへんで。

PR・あべ

 

●プラネット・テーブルでは一緒に「食」の未来を創っていきたい仲間を募集中です!

ご興味のある方はこちら