Planet Table Days

PT公式ブログ

テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』に取り上げられました!

こんにちは!PR栗崎です。

621()放送のテレビ東京ワールドビジネスサテライト』(以下WBS)にて、弊社プラネット・テーブル株式会社が取り上げられました!

特集テーマは「農家と消費者をつなぐ野菜の流通革命の裏側」。

革命に取り組む企業事例の一つとして、弊社が提供している農産物の流通・物流最適化プラットフォーム「SEND」をご紹介いただきました。

今回は、取材時の様子を少しお伝えします。

---

取材が行われたのは、とある日曜日。

SENDのユーザーである、千葉県の生産者さん・スカイアグリ大久保さんのご協力をいただき、畑を訪れました。

  f:id:planet_table:20170623171721j:plain

大久保さんは、脱サラして農業をイチから勉強し、始められた方。

前職で日本各地を訪れるたびに、どことなく元気がない地方の姿に心がいたみ、自分が仕事を通して生み出したい価値は何か?と見つめ直した末に、農業の道を選ばれたそうです。

      f:id:planet_table:20170623171804j:plain

「皆さんに珍しい野菜、美味しい野菜を届け、食卓に楽しい花を咲かせたい」

という想いで、選ぶ品目はどれも個性的なお野菜ばかり!

      f:id:planet_table:20170623171655j:plain

 f:id:planet_table:20170623171915j:plain f:id:planet_table:20170623171945j:plain f:id:planet_table:20170623172027j:plain

左から:フリルケール、コールラビ(キャベツのご先祖!)、赤キャベツ(外葉を取るとこんな感じ↓)

f:id:planet_table:20170623172113j:plain

こういった珍しい品目は、通常、スーパー等に卸すルートだけではあまり多くは取引されません。一般家庭では使いにくいかも知れない、売れ残りにつながるかも知れない、と懸念されるからです。

一方で、こうした食材を活かし、美味しい一皿を生み出したレストランのシェフからは、新しい食材や色鮮やかな食材へのリクエストが多く届きます。

市場流通に乗らない量の品目でも、求めている人はいる。需要はある。

まだ需要としては小さかったり、顕在化されていない食材を発掘し、作る生産者さんと繋げることで、販路開拓や収益向上のお手伝いをしています。

「既存市場では足りない情報や販路を、SENDがカバーしてくれている。」

とおっしゃっていただきました。

            f:id:planet_table:20170623172334j:plain

番組では、このスカイアグリ大久保さんのお野菜を発注いただいている渋谷のイタリアンレストラン・sumile TOKYOの小久保シェフのコメントも紹介されました。

「実際に野菜の写真を見て値段もその場でわかるのですごく便利」

「鮮度がいつも、すごくいい」

 SENDがお役に立てているという実感がもて、弊社メンバーにとっても嬉しい露出となりました!

SENDはまだスタートして二年にも満たないサービスです。まだまだ至らぬ点、改善すべき点も多くあります。今回の取材を通して実感できた生産者さんやシェフの方々の期待を励みに、より一層気を引き締めて、SENDのより良いサービスにしていきます。

取材にご協力いただいたスカイアグリ大久保さん、sumile小久保シェフ、どうもありがとうございました!

 

SENDについてご興味・ご関心を持たれた方、ご利用をご検討の皆様は、下記よりお気軽にお問い合わせください

 

★SENDの詳細はこちら:

send.farm

 

  

創業3周年記念パーティーを開催しました!

f:id:planet_table:20170616155319j:plain

 こんにちは!新しくPRを担当することになった栗崎です。

育児をする中で、人が健康に生きていくため、日々楽しく元気に過ごすためのベースは“食”であり、その豊かな食を支え、生み出す“農・畜・水産業”の大切さ、その持続性といったテーマに興味関心がむくむく沸き、プラネット・テーブルにジョインしました。

以後、どうぞよろしくお願いいたします!

 

早速ですが、プラネット・テーブルは、2017年5月30日に創業3周年を迎えました!

 

「生産者・産地支援カンパニー」として2014年5月30日に、代表・菊池を含む4人の創業メンバーの手によって生まれました。それから今日までの3年間、多くの困難にぶつかりながらもここまで成長することができたのは、ひとえに多様なステークホルダーの方々にご支援・応援をいただいたおかげです。ささやかながら、皆様に心からの感謝をお伝えするべく、設立日である5月30日に「3周年記念パーティー」を表参道で開催しました!

 

当日は、SENDを利用いただいている生産者さんや料理人の方々、弊社の成長をサポートしてくださっている投資家さんや外部パートナーさん、他社様、メディアの方々など、総勢約100名もの方々にご参加いただきました。

 

会場には、いつもお世話になっている「キムラカズヒロ」シェフによる、SENDの食材を使った色とりどりで華やかな野菜・お肉料理がずらり。どれも絶品!

f:id:planet_table:20170616155403j:plain f:id:planet_table:20170616160319j:plain

 

そして、普段お世話になっている皆様に弊社なりのお礼がしたくて、企画したのがこちら!無料でお野菜(もちろんSENDをご利用いただいている生産者さんのものです)をお持ち帰りいただけるマルシェ!

f:id:planet_table:20170616155556j:plain

珍しい紫アスパラガスや、つやつやのパプリカなど、旬で新鮮なお野菜がずらっと並び、会場に華をそえていました。どれもこれも、SENDがお世話になっている生産者さんによって愛情たっぷりに育てられたお野菜たちです!

他にも、マッシュルーム詰め放題、金魚すくいならぬミニトマトすくいのコーナーも。

赤ちゃんや小さなお子さまの参加もウェルカムだったため、私も3歳の息子を連れていきました。トマトが大好きな息子、目をキラキラさせて夢中でトマトすくいに挑んでいました。こういう野菜の楽しみ方もいいですね♪

f:id:planet_table:20170616155648j:plain

 

パーティーの中では、創業当初より弊社をご支援いただいているGenuine Startups/D4V CIOの伊藤健吾様より乾杯のご挨拶をいただいた後、弊社代表の菊池より、これまでの振り返りと今後(今期)の展望についてご紹介しました。

 

f:id:planet_table:20170616155736j:plain

【この3年間の振り返り】

✔まさかの、表彰!

(Forbes Japan「Next Rising Star Award 2016」・「EY Innovative Startup(2017)」

✔生産者とバイヤーの商談・取引プラットフォーム『SEASONS!』リリース

✔資金調達(シリーズB)で、総額4億円のご支援をいただく

✔従業員数が約15倍に!

✔1年半で、全都道府県の生産者さんとのお取引が実現!

 

【今後(今期)の展望】

「生産者支援プラットフォームとして、ゆるぎないNo.1」となるために、SENDの配達エリアの関東全域への拡大や、一般消費者向け新サービスのリリース、生産者向けファイナンス支援サービス、海外展開など、どんどん新しい取り組みを広げてまいります。

 

f:id:planet_table:20170616155819j:plain

世界No.1の「生産者・産地支援プラットフォーム」になることを目指して、4年目も、メンバー一丸となって生産者支援をコアとした各種課題解決に向け、走っていきます!

(仲間も絶賛募集中です!)

 

今後とも、弊社にご注目いただけるとうれしいです。

宜しくお願い申し上げます★

CARAVAN(キャラバン)旭川Vol.01開催しました!

こんにちは! PRいわさです!

実は初めましてです。まさに、「生産者支援」がしたくて、3月よりジョインいたしました。これから当Blogへの登場も増えると思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします!

 さて、先日、「CARAVAN(キャラバン)」の記念すべき第一弾が北海道旭川市で開催されました!

 「CARAVAN(キャラバン)」とは、生産者さんとのワークショップやフィールド視察を通して、農畜水産・食の流通の課題と未来像を描く移動型のコミュニティ・ラーニングです。旭川から始まり、今週は熊本と、全国各地を移動しながら実施していく予定です。

さて、旭川では、初めての開催にも関わらず約30名の生産者さんや自治体、地域の農業関連のお仕事をされている方にお集まりいただき、大変盛り上がりました!当日は『多様な農業生産モデルを支える、新しい農産流通の形』をテーマに代表の菊池による講演と、『旭川の農業が抱える課題と解決方法』を生産者さんと一緒にディスカッションをするワークショップの二部構成でした。

f:id:planet_table:20170420185908j:plain f:id:planet_table:20170420190058j:plain

<第一部の様子>

ワークショップでは、「出荷ができない規格外品の用途」や、「出荷時の物流コスト」、「人手不足」等々の課題が挙がり、私たちの想像以上に(良い意味で!)熱い議論で盛り上がりました。

f:id:planet_table:20170420190502j:plain f:id:planet_table:20170420190510j:plain

<第二部ワークショップの様子。皆さん真剣!>

 

お酒も入り、さらに親交も深まった懇親会では、生産者さんが豚肉やアスパラを事前に持ち込み、調理して提供してくださいました。それぞれの農法や特長を伺いながら美味しい料理に舌鼓を打ち、大盛況のうちにお開きとなりました。

f:id:planet_table:20170420191849j:plain f:id:planet_table:20170420191854j:plain
f:id:planet_table:20170420190859j:plain f:id:planet_table:20170420190907j:plain

         f:id:planet_table:20170420191152j:plain

今回なによりも嬉しかったのは、私たちが旭川に伺うことで、周辺地域の生産者さん同士でも出会いが生まれ、帰京後も皆さんそれぞれコミュニケーションを続けられていることです。旭川と一言で言っても、上川エリア全域からご参加いただいたため、生産者さん自身も「こんなに面白い生産者に、まとまって会える機会は滅多にない」と驚かれていました。

私たちのミッションは「生産者支援プラットフォーム」を提供することです。主役である生産者の皆さんが繋がり、連携し、その中で生まれる課題や要望の声をどんどん上げて下さることがCARAVANの目的でもありました。こうした”触媒”としての機能も、少しは果たせたとい意味では、CARAVAN旭川は、初回にも関わらず「大成功!」と言えるのではないでしょうか!?

 生産者の皆さん、ご参加者の皆さん、そして現地アレンジメントをして下さったHさん、本当に有難うございました!

さて、今週末はCARAVAN熊本Vol.01が開催されます!

今度はどのようなコミュニティが育っていくのか、とても楽しみです。

 

それでは今日はこのへんで!

 PRいわさ